デートプラン

歴史と自然と名物グルメを大満喫!鬼無里デートプラン

鬼無里は周囲を山々に囲まれ、美しい裾花川が流れる自然豊かな地域。また、鬼女紅葉伝説や源義仲(木曽義仲)ゆかりの物語も数多く残る神秘的な土地です。今回は、歴史・自然・グルメと、1日かけてしっかりと遊べるデートプランをご紹介。
鬼無里の魅力をたっぷり楽しめるデートに出発です!

START!

SPOT 01 鬼無里ふるさと資料館

長野市街地から国道406号線を車で一時間ほど進んだ場所にある鬼無里ふるさと資料館は、鬼無里の歴史や文化を知ることができる博物館です。鬼無里をより深く楽しむために、まずはここで鬼無里について学んでいきましょう!

資料館に入ってすぐにあるロビーではイベント展示が行われています。2022年のテーマは「日本列島の誕生と奥裾花渓谷」。鬼無里を含む長野県の一帯は、なんと大昔は海の底だったそう。そんな鬼無里一帯で出土した貝の化石やステゴドンゾウ(シンシュウゾウ)の歯の化石の展示、奥裾花渓谷周辺で見られる地層について解説しています。イベント展示は1年に1回テーマが変わるので、毎年ふたりで訪れても楽しめます。

鬼無里ふるさと資料館、最大の目玉が、江戸時代から明治時代に活躍した宮彫師・北村喜代松(三代正信)が手掛けた屋台。一木彫りによる龍の柱など、非常に高度で繊細な飾り彫りが随所に見られます。また、美しいだけではなく遊び心も満載。例えば籠細工の中にひな鳥が入っていたり、唐獅子が持つ鞠の中には動く球が入っていたり。館内にあるヒントを見ながら、ふたりで隠れた細工を探してみるのも楽しそうですね。

奥裾花の地形や文化を紹介するコーナーでは、鬼無里の大地の構造を表した大きな地形模型が。さらにその奥にはクマの親子やイノシシのはく製が飾られています。特にイノシシは大きくて迫力満点!触ることはできませんが、一緒に写真を撮ることはできるので、クマやイノシシをバックに猟師になった気分で写真を撮れば、きっとふたりの楽しい思い出になるはず。

鬼無里ふるさと資料館は、他にも見どころがたくさん!鬼無里が生んだ和算家・寺島宗伴にまつわる展示や、北村喜代松の長男で、彫刻家の「北村四海(四代正信)」と、その四海の甥で同じく彫刻家の「北村正信(五代正信)」が手がけた大理石彫刻やブロンズ作品も展示されています。特に大理石彫刻は今にも動き出しそうな精巧さと美しさで、思わず時間を忘れて見とれてしまうほどです。展示品を通して、鬼無里の歴史や魅力に触れることができます。

基本情報

所在地:長野市鬼無里1659
開館時間:9:00~16:30(入館は16:00まで)
休館日:月曜日および祝日・休日の翌日(5・8・10月は無休)
※12月29日~3月20日まで冬季休館
※冬季休館中も長野市立博物館への事前予約により見学可能
(冬季休館中のお問い合わせ:TEL 026-284-9011)
料金:一般200円、高校生100円、小中学生50円
※毎週土曜日は小中学生無料
※20人以上は団体割引あり
お問い合わせ:TEL/FAX 026-256-3270

【関連リンク】

車で約20分

SPOT 02 奥裾花ダム&奥裾花渓谷

鬼無里ふるさと資料館を出て次は奥裾花ダムへ。昭和47年に着工し、8年の歳月と約75億円もの費用をかけて建設されたこの奥裾花ダムでは、迫力のあるダムを様々な角度から眺めたり、ダムの高い位置から美しい景色を見ることができます。ダムから下を覗くと思わず足がすくんでしまう高さでドキドキしますが、それを口実にしてさりげなく手をつないでみるのもいいかもしれません。

ダムを横から見ると、その大きさがよくわかります。タイミングがよければ放水が見られるかもしれません。ダムの一番奥からは、裾花川と奥裾花大橋、広い空がセットになった非常に素晴らしい景色を眺めることができます。春夏秋冬それぞれ違った美しさがありますが、特に紅葉の季節は目に映る景色全てが赤と黄色で染まり、まさに絶景!季節ごとにふたりで訪れて、その季節ならではの美しさを楽しみたい場所です。

ダムのすぐ近くには、奥裾花渓谷の代名詞「奥裾花大橋」があります。この奥裾花大橋から先の「奥裾花渓谷」は、その雄大な景色と荒々しい地形が織りなす風景が、長野らしさが感じられる景観「ながの百景」にも選ばれています。
奥裾花大橋からは、反射した光がキラキラ輝く水量豊かな裾花川や美しい木々の風景を望めます。晴れた日は遠くの山々まで綺麗に見渡せるので、ふたりでゆっくり歩いて渡ってみるのもオススメ。

基本情報

所在地:長野県長野市鬼無里16943
お問い合わせ:TEL 026-256-3188(鬼無里観光振興会)
※7月1日から9月30日までダムより先通行止です。(工事のため)

【関連リンク】

車で約20分

SPOT 03 鬼無里の名物グルメ・ダムカレー

photo:鬼無里観光振興会様

裾花ダムや奥裾花ダムを擁する鬼無里の飲食店では、ご飯とカレーをダムと水に見立てたユニークでボリューム満点なご当地ダムカレーを提供しています。2022年現在、2店舗、計3種類のダムカレーを楽しむことができます。それぞれのお店で見た目も味も違うため、たくさん食べられるカップルはお店を巡って食べ比べてみるのもいいかも!?鬼無里に訪れたらぜひとも食べたい名物グルメです。

基本情報

所在地:長野市鬼無里

【関連リンク】

SPOT MAP