縁結びスポット・デートスポット

人気の郷土料理「おぶっこ」を食べに!グルメデート【道の駅中条】

長野市と白馬エリアを結ぶオリンピック道路沿いにある「道の駅中条」は、ドライブデートの立ち寄りスポットにもピッタリの場所。

施設内に入ると、売店には地元の特産品を使った商品がズラリと並んでいます。そして奥のお食事処には、県外から訪れるファンも多いという知る人ぞ知る名物が!

意外と知らない道の駅中条の隠れた魅力をたっぷりご紹介します。

ほっこりする装飾で迎えてくれるお食事処では、入口の券売機でまず食券を購入。そばやラーメン、定食、丼など多彩なメニューが揃う中でぜひ食べて欲しいのが、断トツ人気No.1を誇る「おぶっこ」。

小麦粉の麺に根菜を入れて煮込むおぶっこは、稲作に不向きで粉モン文化が根付いた中条地区ならではの郷土料理。「おぶっこ690円」、ごはん・とろろ・小鉢が付いた「おぶっこ御膳980円」からお好みで。

太い平打ち麺で、モチモチ・シコシコ・ツルツルの3つの食感が楽しめるおぶっこは、カラダがポカポカになり絶品のおいしさ!

実はこれ、長年の試行錯誤を重ね、麺も味噌も専用に開発したというこだわりメニュー。麺は地粉ユメセイキを使用し、おぶっこ専用の厚さ・幅に。味噌も無添加で安心・安全はもちろん、野菜と合うことやスープにしたときの色味がきれいに出ることなどを考えて醸造。

そっと添えられた小鉢までもスタッフ手づくりの秘伝の辛い薬味というからさすがです。

食堂で使用している道の駅中条オリジナルの「おぶっこ麺」は売店で販売も。生めんタイプと冷凍タイプがあるので用途やお好みで選べます。

ちなみに中条地区では各家庭でも昔からおぶっこ(ぶっこみと呼ぶ人も多い)が作られていて、漬物のように家ごとの味があるのだそう。結婚したら、それぞれの家庭の味を受け継ぎ、伝承していくこともステキなこと…。そのためには料理の腕も磨いておかないと!ですね。

photo右:長野市中条地域振興施設様 提供

売店には、ほかにも売切れ必至の粉モン商品が多数。おぶっこと同じユメセイキの粉を使い、加工所で手づくりされる「笹おやき(1個180円)」もそのひとつ。

こねて、まるめて、蒸かし、一度冷凍するという手間のかかった皮は、モチっとした食感が特長。ユメセイキを使うことで冷凍してもボソボソせず、モッチリ感が出るのだとか。冷凍笹おやきは地方発送もOKなので、贈り物にもおすすめです。

さらにスタッフが育てた西山大豆を使った道の駅中条限定品にも注目。

「西山大豆のみそ仕立て」「西山大豆しぼり大豆」「西山大豆炒り豆」の豆菓子3兄弟(各380円)は、風味が豊かでやみつきになる一品。酵母が生きた旨みたっぷりの「信州みそ(800円~)」やユニークなネーミングの「山姥の隠し味(500円)」もヒット商品。

山姥の隠し味は、鶏のむね肉にかけたり、鮭の味噌ホイル焼きに使うと驚くほどおいしくなるのだそう。料理上手への秘密アイテムになるかも。

西山大豆から搾った投入を使った「西山大豆豆乳ドーナッツ(5個入り250円)」もおすすめ。ふわふわの生地でさっぱりした味わいが特徴の人気商品で、午前中には売り切れてしまうのだとか。

photo右:長野市中条地域振興施設様 提供

甘党のカップルなら、「ソフトクリーム(1個330円)」をぜひ!特に中条産のサンふじ果汁100%のジュースを使用した「りんごソフト」は、イチオシです。

デートの行先を決めるとき、何を食べるかは重要事項。限定品や郷土料理など、その土地のおいしいモノを味わえば気分も上機嫌!楽しさいっぱいのデートを過ごせるはずです。

基本情報

道の駅中条
所在地:長野市中条住良木1704
営業時間:売店9:00~17:00・食堂10:00~16:30(16:00LO)
※元旦は休業
お問い合わせ:TEL026-267-2188

【関連リンク】
道の駅中条(外部リンク)
http://www.nakajyo-actio.jp/

【地図】