縁結びスポット・デートスポット

平和の灯りに包まれる、冬のお散歩デート【長野灯明まつり】

今年15周年を迎える「長野灯明まつり」は、長野オリンピックの開催を記念し、2004年から装いを新たにはじまった冬の祭典。2018年は2月7日(水)~12日(月)の6日間にかけて開催され、善光寺周辺を大小さまざまな光が演出。ライトアップされた長野の街を歩く、冬のお散歩デートに出かけませんか?

photo:中嶋秀磨提供

 

表参道でまず出会うのは「ゆめ灯り絵」の作品たち。「未来」「平和」をテーマに、応募された個性あふれる作品がならびます。期間中は、気に入った作品に投票するコンテストも実施されているので、相手の好みやセンスが垣間見えるかも!?

photo:中嶋秀磨提供

 

情緒あふれる石畳の通りを歩きながら進むと、ライトアップされた仁王門へ。両側に建つ夜の仁王像は、昼間とは違った風格で、ちょっぴりドキドキ。ちなみにこの仁王門は、善光寺大地震などで2度焼失していて、現在のものは大正7年に再建されたそう。

photo:中嶋秀磨提供

 

「善光寺」と書かれた額が掲げられた重要文化財の山門へ。2月7日(17:30頃~)に開催されるオープニングセレモニーでは「平和」の文字や、スキーやスケートなどウインタースポーツの線画をレーザーで展開するスペシャル企画も。

※写真は第14回の様子

photo:中嶋秀磨提供

 

山門をぬけると、いよいよ善光寺本堂へ。五輪の色にちなんだ五色でライトアップされる善光寺は、息を飲む美しさです。この光はオリンピックの「平和を願う精神」を後世に遺すため、「平和の灯り」として発信されるもの。平和の灯りに包まれながら、二人の未来への希望も込めてお参りを。

photo:中嶋秀磨提供

 

善光寺や山門、仁王門などのメインライトアップはもちろんですが、あわせて見て欲しいのが六地蔵や宿坊が並ぶ宿坊通りなど。シンプルな光や小さな光がつくり出す世界にも独特の風情があふれ、心が洗われます。

photo:中嶋秀磨提供

 

たくさんの店や屋台で賑わう仲見世も満喫を。仲見世通りには、かつて「如来堂」と呼ばれた善光寺本堂が建てられていた場所も。いまは「旧如来堂跡地蔵尊」が祀られているので、のんびり歩きながら善光寺の歴史に触れてみるのもおすすめです。

 

デートのお供には、おやきや団子、甘酒などの長野らしい名物を。さらに今年は長野オリンピック・パラリンピック20周年の記念イヤーで、期間中には平昌オリンピックも開幕。オリンピック話にも花を咲かせながら、長野の魅力を再発見する6日間限定の夜デートへ。

基本情報

開催日:2018年2月7日(水)~2月12日(月・祝)【6日間】
開催場所:善光寺周辺、長野駅西口・東口広場、善光寺表参道
点灯時間:18:00~21:00 ※最終日は18:00~20:00まで
お問い合わせ 026-259-1005
http://www.nagano-toumyou.com/
主催:長野灯明まつり実行委員会

【地図】