ライフデザインゼミ【第3回】を開催しました(2018.11.21)

〇日時

平成30年11月21日(水)13:45~15:15

 

〇会場

長野女子短期大学

 

〇参加者

51人

 

〇講義

テーマ:オリジナルシートで考えるライフデザイン「人生ワゴン」

講 師:落合 歩さん((株)リクルートマーケティングパートナーズ)

 多様化する働き方、結婚、家族のあり方について、様々なデータに基づいた最新の情報をお話いただきました。また、人生を「道」に見立てて、自分の将来を想像してみるシート「人生ワゴン」を使って、自身の人生を具体化し、グループごとに自分の理想を語り合いました。

人生ワゴン

【参加者の声】

  • 生き方が多様化する中、「どんな生き方をするか」考えることの大切さがよく分かった。
  • 日本の若者の働き方、結婚などの現状や過去との違いを分かりやすくお話いただけた。
  • 「人生ワゴン」というツールで気軽に楽しみながら、将来について真剣に向き合うことができた。
  • 仲間同士でも将来の話をし、大変刺激になった。

ライフデザインゼミ【第2回】を開催しました(2018.11.13)

〇日時

平成30年11月13日(火)8:50~11:20

 

〇会場

長野県短期大学

 

〇参加者

44人

 

〇内容

講義1

テーマ:「女性がイキイキと生きる・働くための3つのヒント」

~就職・結婚・妊娠・子育てから感じること~

講 師:森田 舞さん(コーチングアカデミー長野校 校長)

 

 ご自身の結婚、妊娠・出産、子育てを踏まえ「子どもができることは奇跡。妊娠や子育ての期間は限られている」といったお話や、「働くための3つのヒント」を教えていただきました。

  1. 働き方や子どものことなど、どんな家庭を築くか、パートナーと結婚前に話をしておくべき
  2. 結婚前に社会経験を多く積んでおくこと
  3. 自分磨きのための時間やお金は惜しまず投資すること

 

 最後に、学生の皆さんが今からできる行動について教えていただきました。

  • 読書をする 普段見ない分野の本も手に取ってみる。
  • いろいろな場所へ行き、いろいろな人と出会う 旅行、セミナー、イベントなど、普段行かない場所に行ってみる。
  • 夢のある人の近くにいる 夢のある人の近くにいるとエネルギーをもらうことができる。

森田舞さん講演

講義2

市内企業の先輩社会人との交流会(ワークショップ)

参加企業等(順不同):カシヨ(株)、(株)長野サンヨーフーズ、(株)高見澤、(株)テレビ信州、長野信用金庫、長野市

 

 6つのグループに分かれて、就活、仕事、結婚、子育て…学生の素朴な疑問を、先輩社会人の皆さんからお聞きしました!

 学生たちは、普段なかなか聞くことができない先輩社会人のリアルな話に、熱心に耳を傾けていました。

ワークショップ

【参加者の声】

  • 今後の自分の人生の糧になった。今日の話を聞き、もっといろいろなことがしたいと思ったし、将来が楽しみになった。
  • 社会人になってからの仕事に対する考え方やプライベートの楽しみ方、子育てなど参考になるお話をたくさん聞くことができて良かった。
  • 社会人の方々と、親とはできない結婚の話などができて良かった。
  • これからの人生設計をする中で、選択の幅が広がった。

ライフデザインゼミ【第4回】を開催しました(2018.11.23)

〇日時

平成30年11月23日(金・祝)13:30~16:30

 

〇会場

JA長野県ビル12階A会議室

 

〇参加者

36人

 

〇内容

講義1

テーマ:「ビュッフェキャリア」~好きなこと“も”仕事にする生き方~

講 師:正能 茉優さん(株式会社ハピキラFACTORY代表取締役)

 

学生時代に起業した経験談や現在の「企業に勤めながら自社の経営に携わる」という働き方の話から、「仕事以外の人生も早いうちに意識し、時間を有効に使う」というアドバイスをいただきました。

正能茉優さん講演会

講義2

テーマ:ワールドカフェ「しゃべり場~私たちの未来~」

講 師:東 浩司さん(NPO法人ファザーリングジャパン理事、株式会社ソラーレ代表)

 

ワールドカフェとは、カフェのようなリラックスした空間で、講師が提示するテーマ(問い)についてグループで対話する「新しい会議の手法」。今回は、「私が仕事にしてみたいと思った好きなこと」「長野に住む?東京に出る?」「結婚や子育てをするとしたら重視したいこと」の3つのテーマで模造紙に書き込みながら、それぞれ自分の考えていることを話し合いました。

ワールドカフェ

模造紙

模造紙2

模造紙3

模造紙4

模造紙5

【参加者の声】

  • いろいろな人の意見を聞き、結婚や生き方など、様々な価値観知ることができた。
  • 年齢層の違う人と話す機会がとても貴重だった。
  • 様々な立場、世代の方と違う視点から話し合うことができた。
  • 自分と同様の意見、違う意見を交わせたので、とても新鮮で楽しかった。
  • 新しい価値観を知ることができた。自分のことを客観的に見ることができた。

ライフデザインゼミ【第1回】を開催しました(2018.10.14)

〇日時

平成30年10月14日(日)9:00~12:30

 

〇会場

清泉女学院大学

 

〇参加者

38人

 

〇内容

講義1

テーマ:「わたしファースト」~女性の生き方・働き方~

講 師:中澤 佳子さん(信越放送アナウンサー)

講義1

結婚や出産など、人生の節目で仕事やキャリアとの選択に悩んだご自身の経験から、「人生の分岐点で焦らずに決めていくにはどうしたらいいか?今から何ができるか?」3つのアドバイスをいただきました。

1 未来のビジョンを考える癖をつけること

将来は状況で常に変わるが、普段から自身の5-10年後の将来像を考える癖をつけることで「今、何ができるか」が見えてくる。

2 信頼の貯金

社会人は自身のスキルを上げるのと同じくらい人との関わりが大切。感謝を忘れない。約束を守る。謝る。これをコツコツ貯めること。人間関係を大事にすること。

3 「わたし」ファースト

自分の欲に素直になる。欲がないと成長しない。悩んだときは、原点に返り「自分は何をしたいか」と考えると進む方向が見えてくる。チャレンジすることから次が見えてくる。

 

講義2

テーマ:オリジナルシートで考えるライフデザイン「人生ワゴン」

講 師:落合 歩さん(株式会社リクルートマーケティングパートナーズ)

講義2

多様化する働き方、結婚、家族のあり方について、様々なデータに基づいた最新の情報をお話いただきました。また、人生を「道」に見立てて、自分の将来を想像してみるシート「人生ワゴン」を使って、自身の人生を具体化し、グループごとに自分の理想を語り合いました。

グループワーク

【参加者の声】

  • データがたくさんあって具体的に想像しやすかった。
  • 普段考えないことを考えるきっかけになった。「これからの人生こうなりたい」など真剣に考え、純粋におもしろかった。
  • 生きる上で大切な分岐点がいくつかあり、そこで迷わない極意を知り、とても良かった。
  • 生きていく中で「こういう考え方や、道もある」ということを知り、選択肢が広がった。

 

社会人ライフデザインセミナー「N-カジ」【第2回】を開催しました(2018.10.6)

〇日時

平成30年10月6日(土)13:30~17:00

 

〇会場

BOSSA

 

〇参加者

21人

 

〇内容

講義1

テーマ:~将来のお金について学ぼう~ 続・お金のライフプラン【応用編】

講 師:三ツ井 秀夫さん(ファイナンシャルプランナー)

お金のライフプラン【基礎編】の「ライフステージごとの支出」を振り返り、今からできる支出の工夫や資産運用などについて、より具体的に学びました。「若いうちから時間を味方につけ、お金を貯め、増やす工夫を」といったアドバイスをいただきました。

講義1

講義2

テーマ:ワーク・ライフ・バランスセミナー これからの時代の働き方・家族のカタチ

講 師:柏原 吉野さん(産業カウンセラー)

職場でも家庭でも、コミュニケーションの基本はまず「自分自身を知ること」。そして「自分自身を肯定することで、相手も肯定ができ、より良いコミュニケーションが生まれる」といったアドバイスをいただきました。後半は、自身がイメージする家族のカタチはどんなものか、ワークショップ形式で情報交換をしました。

講義2

情報交換会

今回は「N-カジ」初の週末午後の開催でした。仕事がお休みという方も多いようで、リラックスした雰囲気の中でゆっくり会話を楽しまれていました。

交流会

【参加者の声】

  • 今後の経済的な部分について、改めて考えるきっかけになった。
  • 普段人には聞けない話を聞くことができて良かった。
  • 様々な価値観に触れることができた。
  • 将来に活かせると思った。