縁結びスポット・デートスポット

8月はナイトZOOも!ドキドキ&ワクワクの動物園デート【茶臼山動物園】

デートの定番スポットではずせないのが動物園。かわいい動物の仕草に癒されたり、大きな鳴き声にドキドキしたりと話題に事欠かないので、会話が盛り上がりケンカになりにくいという説も。
しかも入園料が安価で1日たっぷり遊べるのも魅力。そこで今回は、イベントも盛りだくさんの茶臼山動物園をご紹介。

 

南口ゲートから園内に入り、まず出会うのがトラとライオンの猛獣舎。目の前をのしのしと歩く大きな姿は迫力満点で、大人になってもドキドキ。
屋外と屋内の両方から見ることができ、タイミングが良ければ、猛獣たちのお食事タイムに遭遇できるかも。

 

園内をさらに進むとアフリカ平原エリアへ。
ここで仲良く暮らすのは、アミメキリン・グラントシマウマ・シロオリックスなどのアフリカのサバンナに生息する草食動物たち。それぞれの個性を比べながら観察すれば、仲良しのコツが見えてくるかもしれません。

photo:茶臼山動物園提供

 

モルモットやウサギ、ヤギなどに触れる子供動物園エリアは、動物好きに人気のスポット。
小さな動物たちを膝の上にのせたり、モコモコの毛をそっとなでて動物と触れ合えば、思わずやさしい表情に。いつもとは違う相手の笑顔にドキッとすることも!?

 

北口ゲート付近のレッサーパンダの森は、茶臼山動物園を代表するスポット。愛らしいレッサーパンダたちが木の上でお昼寝したり、食事をしている森の中を歩きます。
一方、建物の中では、頭の上の通路をトコトコ歩いたり、間近で見られる場所もあり、かわいい姿にうっとり。

photo:茶臼山動物園提供

 

8/10(金)~8/16(木)には「サマーナイトZOO」が開催され、開園時間が21:00まで延長(入園は20:30まで)。
園内の通路には地元の小学生たちが作った灯ろうが輝き、昼間とは別の世界に。また片道100円で乗車できるモノレールの夜行運転もあるので、ロマンチックに夜景を楽しむのもおすすめです。

photo:茶臼山動物園提供

 

ナイトZOOの期間中はイベントも盛りだくさん。中でも、一番早く走るネズミを当てる「チューチューレース」は大人気のイベント。
モノレール駅舎内にはプラレール広場がOPENし、浴衣や甚平で来園すると「オリジナルうちわ」がもらえる(先着1200名様)企画も。

photo:茶臼山動物園提供

 

夜の動物園の最大の魅力は、夜行性の動物たちが活発に動き出す姿を見られること。レッサーパンダやオオコノハズク(フクロウ科)をはじめ、さまざまな動物たちの昼間とは違った動きに注目。
夜の園内を歩くので懐中電灯の持参がおすすめ。探検家になった気分でドキドキ&ワクワクのなつよるデートを。

photo:茶臼山動物園提供

 

基本情報

茶臼山動物園
所在地:長野市篠ノ井有旅570-1
料金:大人500円・小中学生100円
開園時間:9:30~16:30(3/1~11/30)、10:00~16:00(12/1~2/28)、9:30~21:00(8/10~8/16)
お問い合わせ:TEL026-293-5167

【関連リンク】
茶臼山動物園(外部リンク)http://www.chausuyama.com/

【地図】