縁結びスポット・デートスポット

晩秋の夜を彩る、花火デート【長野えびす講 煙火大会】

毎年11/23(祝)に開催され、今年で112回目を迎える「長野えびす講 煙火大会」は歴史ある秋の祭典。晩秋の花火大会は珍しく、全国的にも注目されているこのイベントは、デートにもピッタリです。

えびす講花火の写真

photo:長野市観光振興課提供

 

来場者は例年約40万人!会場には無料観覧スペースがありますが、激しい場所取り合戦が繰り広げられる人気エリア。厚手のレジャーシートやコンパクトな折りたたみイスなどを準備していきましょう。帽子や手袋、ブランケットやカイロなど寒さ対策は必須で、中には“こたつ”を持ってくる人もいるのだとか。

折りたたみいすの写真

 

「せっかくの花火デートなのに場所取りでケンカ」なんてトラブルを避けたい方は、花火を間近で観られる有料観覧席「えびすシート」がおすすめ!1席1名4,200円で事前に購入でき、当日はゆったり花火を楽しめます。大人デートにはピッタリ☆

photo:長野商工会議所提供

 

18時に花火の打上げがスタートすると、会場は一気に幻想的で華やかな世界に包まれます。さらに祭典を盛り上げてくれる屋台も多数出店!食べ物や飲み物を片手にお祭り気分を満喫しましょう。

花火とアウトドアセットの写真

photo:長野商工会議所提供

 

実は大正5年に日本で最初の二尺玉を打上げ、世間を驚かせたのもこの煙火大会。当時は、技術が未熟な職人の参加を許さなかったため、煙火師の間でえびす講は“出世花火”と呼ばれていたそう。今でも技術力の評価は高く、煙火師も一目置く大会なのです。

花火の写真

photo:長野商工会議所提供

 

大会のメインともいえる「ミュージックスターマイン」は必見。盛大に打ちあがる花火と音楽が見事に合い、その迫力と美しさは圧巻です。晩秋の夜に最高の時間を演出してくれる「長野えびす講」。帰り道にはきっと「来年も来ようね」と言いたくなるデートを盛り上げてくれる祭典です。

花火の写真

photo:長野商工会議所提供

基本情報

開催日:2017年11月23日(祝)
開催時間:18:00打上げ開始
開催場所:長野大橋西側・犀川第2緑地
アクセス:「長野駅からのシャトルバス・路線バス」または「臨時駐車場からのシャトルバス」をご利用ください。長野駅東口から徒歩約20分のため、駅からのんびり歩くのもおすすめです。
※会場周辺に駐車場はございません。
http://www.nagano-cci.or.jp/ebisukou/index.html
※えびすシートは限定2,500席の数量限定販売です。無くなり次第終了となりますのでご了承ください。

【地図】